うつ病治療中は運転にも気を付けて!【適度に休息することも重要】

サイトメニュー

早めの治療がオススメ

運転

しっかりとした睡眠を

自動車やバイクなどの運転を安全に行うには、睡眠時間をしっかりとって健康な状態で行うことが大切です。うつ病の方は、不眠症をはじめとする疲労状態を起こしているケースが多いのが特徴です。これらの症状が起きている中で、運転を行うのは危険であると言えます。具体的には、運転の最中に眠気を催すと長距離の走行には向かずに、途中で休憩を頻繁に入れることになります。また、症状によっては注意力が通常時より散漫になるケースもあるので、周辺への気配りがしづらくなることも危険である理由です。季節によって発症するタイプのうつ病の場合には、症状が出ている時期は車での移動を控えるなどの工夫をすると事故などを起こしにくくなります。やる気がなくなるタイプの症状の場合には、走行途中で意欲が低下してしまうと目的の場所にたどり着けなくなるので電車などの交通機関を利用するのがオススメです。駅から遠い場所へのアクセスには、バスやタクシーなどを利用して移動をすると目的地まで歩く距離が減って便利です。あらかじめバス停の時刻やタクシーの電話番号などを調べておくと運転が出来ない時にも移動しやすくなります。通院時に自ら運転を行うのも、危険なので控えるようにします。その場合には通院に付き添ってもらい家族の車で移動を行うなど、工夫をすると安全です。また、バイクほどスピードが出なくても自転車などに乗るのも同様の理由から危険なので、なるべく避けるようにしましょう。治療をきちんと行い症状が改善すれば、再び自分の車やバイクに乗れるようになります。これまで通りに運転を行なったり元の生活を送ったりするためには、うつ病の治療を行なっている専門の病院に通院する必要があります。精神科や心療内科では専門的な治療を受けることが出来るので、これらの中から自分に合う病院を選ぶことが重要です。病院の選び方としては、自分自身の症状に似た患者の治療を得意としているか調べるのが良いでしょう。ホームページにこれまで診察した患者の症例を載せている病院も多く、これらの内容を参考に自分の症状と似た患者を治療した実績を持つ病院を選ぶと治療がスムーズに進みやすいと言えます。また、女性特有の悩みを持っている方の場合には、女性の医師やスタッフの多い病院が相談しやすく安心です。うつ病の症状は人によって様々ですが、車やバイクの運転が出来る状態であるかの判断を医師にしてもらうと、運転を継続できるかどうかが判断しやすくなります。また、その日の体調によって精神面が異なる方の場合には、自分で様子を見て体調の悪い時には電車などで利用するなど臨機応変に対応するようにしましょう。自分で運転が出来ない時のことを考えて、通院時には電車でも通える場所にある病院を選ぶと継続して通いやすくなります。また、夜間の診察や休日の診察を行なっているか調べてから診察を申し込むようにします。休日も診察を行なっている病院であれば、仕事や学校で忙しい方も治療が続けやすく便利です。通院を決める前にメールで相談出来る病院も増えており、どのような症状であるかをメールのやり取りで伝えてから通院するという方法もあります。

Copyright© 2019 うつ病治療中は運転にも気を付けて!【適度に休息することも重要】 All Rights Reserved.